スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義

  • 2015/05/02(土) 21:28:38

こんばんは。

あるひとつの歴史に触れ、興奮冷めやめぬ気持ちになったので、何と無くブログを書いてみました。

歴史上、独裁者と呼ばれた人物は幾人もいます。

彼らは英雄だったのか?暴君だったのか?

証人は遠く過去の彼方。誰にも証明できません。

いずれにしても、彼らは自らの義を主張します。

ある人はその正義の中枢を英雄と讃えるでしょう。また、ある人は独裁者と罵るでしょう。

彼らの民衆を扇動する時、もっとも効力を発揮するのは感情に訴えかける演説です。

かのヒトラーは演説の天才と呼ばれていることは有名ですよね。

しかし、その教訓から感情に訴えかける言葉ほど疑い深くなることはありません。

お人好しな僕としては1体1の時ほど感情の訴えに弱いですが、不特定多数に訴えるなら物事の理と筋が無くては、到底納得し得ません。

ただ歴史が唯一確実に証明しているのは、正義という大名行列が通った後に残るのは、なんの罪の無い人々の悲しみや苦しみなんですよね。

理なくして一方的な正義は信用せざる。と言ったところでしょうか。

また、歴史について熱く語ってしまいました。

それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。