スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカソ

  • 2014/10/08(水) 15:34:30

こんにちは。

先日は学生のベーシック戦について綴りました。

今日は、このベーシックについて熱く語りたいと思います。

ベーシック、ベーシックってうるさい人間に思われるかもしれませんが、僕はもともと基本ってのは嫌いでした。

高校生の時、学校主催で春休みにスキー合宿に参加したことがあります。

それまで家族でスキーはよくしてたので、何となく野生の勘みたいので滑れてたのですが、先生に基本を教え込まれました。

当初は勘を失い、すごい嫌だなって思っていたのですが、合宿最終日には自分の身体を制する事を覚え、失敗の原因と打開策を自分自身で考えられるようになりました。

いまではとてもその先生に感謝してます。ダンス教師になったのでスキーは今出来ませんが…。

もしこの合宿がなければ、基本の大切さを知らずに野生の勘だけを頼りに生きていたかもしれません。

野生の勘を言い換えれば、センスともいえます。しかし、これだけでは何で自分が成功したとか失敗したとかがわからないですね。

基本とは、0(ゼロ)を自分自身のなかに認識することだと思います。

今はマイナスなのか、プラスなのか?または、左なのか右なのか?

ダンスで同じように考えるとしたならば…、ベーシックの知識は必ずや自分自身のレベルアップに繋がるでしょう。

天才画家ピカソの名を知らぬものはいないでしょう。

ピカソの画風は僕のような常人には到底理解しえない世界観です。ただすごいなぁと思います。

ただ誰かがふざけて、ピカソのように自分も奇想天外な絵が描けると言ってるのを聞くと、とても愚かな事だと思います。

ピカソの晩年の画風を支えているのは間違いなく彼の基本的な画力他ならないのです。

どんな天才も最初は絵が下手で、たゆまぬ努力の結果で基本を身につけ、表現したいものを表現できているのだと思います。

僕の稚拙なダンスベーシックの知識でさえ、底辺の基本無くして大成は無いと気づかされます。

ちょっと飛躍しますが、現代の便利なスマートフォンも先代の携帯電話機や電磁波の発見、電池の発明、いっきに遡り産業革命、金属の鋳造、道具の概念がなければ存在しえないのですから。

やっぱりダンスは楽しいと思った今日この頃です。

それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。