スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシック競技会

  • 2014/10/06(月) 18:05:46

こんにちは!

台風が過ぎ去り、東京は夏のような陽気な午後となりました。

僕は雨上がりが好きです。

虫や小動物が待ってましたとばかりに現れ、生物の活気に感動し、土の香りは心を和ませます。

さて、昨日は学生の競技会・後期新人戦の予選を見に行きました。

この競技会は下級生から上級生まで全部門でベーシック規定で争われます。

ベーシック競技会って1番面白いと僕は思ってます。

一年生だけの部門は、将来の逸材を見つける楽しみがあります。

僕は男の子は身体の強さと踊り方が面白いかどうかで評価し、女の子はバレエやダンス等の経験があるかないかで差が出るし、でもバレエバレエでツンツンした足の子はこれから苦労するんだろうなって勝手に思ってます。

二年生と三年生による部門は、さすが上級生という感じで、見ててワクワクします。どういうベーシックの認識なのか楽しく見ました。

このベーシック競技会というのはバリエーションの競技会とは様相が変わります。

普段はクセや個性豊かにガンガン踊ってる子が、ベーシックを踊らせるとそれが仇となり、ただ汚いやっちゃなって思うこともあるし、普段は地味で予選落ちしてたような子が、無駄なく丁寧かつ効果的に踊れてたり、ベーシックもバリエーションもどっちもよく見える子もいます。

なぜベーシックに僕が魅力を感じるのかと言うと、誰でもベーシックは踊れるからです。

対してバリエーションは選手それぞれの特徴を活かし、得意なもので構成されています。つまり他人とって苦手なものとも言えます。

ですからバリエーションの競技会では、色々な特徴が蔓延ってます。良くいえば華やか。悪く言えば雑多で見づらいですね。

雑多なものを評価するより、同一基準のベーシックを比べた方が明瞭で、より勝ちたいという気持ちが強くなります。どうせなら得意なものより、同じ拳でやり合うのが美徳だとも思います。

プロとしてベーシックで評価される事は最高の喜びです。

だから僕はこの学生のベーシック戦が好きだしリスペクトしてます!

本来はプロこそベーシック戦で競うべきだとも思います。

それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。