スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国滞在記~プロラテン夜の部編~

  • 2014/02/06(木) 15:36:46

こんにちは。

今日は前回に引き続き、プロラテンの夜の部。

スーツに着替え、気合いを入れて観戦します。

ベスト24

日本人選手は織田組のみ進出。世界の壁を感じます。

ここまでくると誰が良いとかは、僕のセンサーでは比較しきれないですね。

もうキャラクターの違いでしかないように見受けられます。

ひたすらダンステクニックに長けているというキャラクター。

音楽性に長けているというキャラクター。

ボディワークの大きさが自慢というキャラクター。

エンターテイナーというキャラクター。

演技力と集中力が素晴らしいキャラクター。

それぞれの得意技が違うので、もはや好みの違いでしか順位をつけられない。

世界のファイナリストであった審査員達の目にしか順位はわからないのでしょうかね。

準決勝

あ~。織田組進出ならず。残念無念です。

この時点で、実績上から誰がファイナルに残るかは容易に予想がつくので、ここで敗退してしまうだろう選手を追っかけました。

スマギン。こんな身体大きかたっけ?

ニコライ組。ここのカップルは純粋な競技選手として好きです。後で聞いた話ですが、彼の身長は僕と同じくらいらしいのですが、この時は180㎝超の大型選手だとばかり思ってました。

ダイナミックなボディストレッチとシンプルなダンス。ピュアです。一切の嫌悪感を抱かない100%競技カップルでした。

ジャスティナス組。正直残るのではないかと思ってましたが、ダメでした。

長身でクールな男性と麗しい美女のカップル。特に男性のボディのラテン感はとても好きですが、パンチが効いてなかったのでしょうかね。

エマニュエル組。僕には、あまりときめかないカップルでした。

サーシャ組。I love… 最高です。背番号11、予選のうちからすごい気になってました。

竹歳先生に確認後、やっぱりドニージュニア達だったか…。ドニージュニアカップルを見つける方法として、僕が推奨したいのは、女性のアームの特徴で見分ける事。

大抵の女性のアームは運動的にナチュラルでも、それ以上の意味が無いということ。

ロッセリーナちゃんを見ればよくわかりますが、アームが生きていると言う事、そのアームが何かを掴もうとしていること。

それでも大抵の女性のアームも同じく何かを演じようとしてますが、結局演技に過ぎず…。生きては無いし、物語もない。

ドニージュニアレディ達はアームのみならず、そこに彼女達がそのまま彼女達として存在してるのです。フィルターなしで。

そんな彼女達をひとたび視界にいれてしまうと、やっぱりもう逃れられない。ただただ溜息をつき、何かはわからないけどその何かに感動させられてしまうのです。

そして多分、男性はその子らを必死にリードすることに徹する。熱過ぎる。もはや情熱以外の何物でもない。

男性の身体の内からくる女子をリードする情熱たるボディワークと、生きたそのままの女性のムーブメント。これが感動の答えなのでしょうか?

ドニージュニア達はまさに魔法使いのようにでした。他の選手は単純にここが凄いとか分析できますが、彼らは容易にそれをさせなかったのです。

残念ながら本家本元の現役時代のドニー&ゲイナーを見た事がありませんが、きっとライブで見たらもう評価さえ許されないほどの感動があるのだろうと想像します。

さて、冷静になって。

決勝

最初のイントロデュースダンスで、6組踊りましたがひときわ…むしろ10倍くらいの歓声を受けてたのがセルゲイ組。

彼らはルンバを踊り、ほとんどステップをしないバリエーションで、パッとみると何もしてない様でしたが、近くで見れば見るほど、グッとこみあげるものがありました。

それは殺気を感じさせるほどの集中力だったかもしれないし、止まってるようで実は凄く揺らいでるからだったかもしれません。

決勝は正直、みんなスターばかりなので、ただ目で追っていたのでちゃんと内容を見てないです。

結局、優勝はマリトースキー組でした。

IMG_1050.jpg
ファイナリスト達

IMG_1046.jpg
ドニー先生は果たして誰に一位をつけたのでしょうかね?

IMG_1052.jpg
チャンピオンによるオナーダンスです。ダンサーにとって最高の名誉です。
マイケルマリトースキー組は現役ラテン選手のなかでも他とは一線を介する特異なダンスを披露することで知られ。最もエンターテイナー性をもつダンサーです。

IMG_1058.jpg
ご観戦有難うございました。

次回はまとめてみようかな。

つづく。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。