スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える力

  • 2013/06/22(土) 18:02:59

こんにちは。

ダンスを始めてそろそろ10年が経ちますが、ここ最近ようやく今まで習ってきた事が繋がってきました。

無駄や遠回りだと思ってた事も、後々必要だったんだと気付きました。

ダンス技術が未熟なうちは見えなかった事が見えてきたと言えばいいのでしょうか。

しかし、間違えたからこそ、正しい道を導き出したとも言えるのではないでしょうか。

ところで、人類の歴史において、数多の争いを経て科学技術が進歩したのは認めたくない事実ですね。

決して戦争を肯定する事は出来ません。感情的にとらえれば許されざる行為ですね。

では、感情論を排して無機質にここでは考えたいと思います。

戦争と科学技術の進歩は非常にシンプルな関係だと思います。

さらには、戦争とは相手に負ければそれまで、生きるか死ぬかの世界。

自分はいくら戦争反対でも、無抵抗の一般市民だと訴えても、その戦争が民族戦争であればどちらか一方の民族の滅亡が目的であるから、逃げようのない状況もありえるでしょう。

つまり全力で相手に打ち勝つ方法を考える。

戦争において兵器の優劣は勝敗の決定的要因のひとつです。

原始的に言えば、石器や木材を削いだ刃物より、青銅製の方が優位で、それより当然ですが鉄製の方が切れ味があります。

剣より槍の方が遠くから殺傷できますし、投石や弓矢の方が圧倒的に強力な攻撃になるでしょう。

戦術で言えば、銃の発明以前は密集陣形で戦っていたものが、銃、火薬の発達によって一度に皆やられてしまわぬように散開して戦うようになったり、機関銃の発明で防御有利という思想から塹壕を築き、戦線の膠着がおこる。

それを打開するために戦車が登場すると、陸上戦のメインは戦車の運用となり、相手の戦車より堅固に、堅固な装甲を破る為に大口径の砲を開発する。

要は相手の開発した兵器を超えるものを開発することが、生き残るための唯一の方法。

そのために技術者も最前線の兵士も必死で考えた続けた結果、現代のハイテク技術がもたらされた。

悲しい事に人間は自分の生死あるいは、競争においてこそ本気に思考することが出来る生物なんだと思います。

争いが無ければ、わざわざストレスがたまって腹がへって疲れる事をする必要ありませんから。

男女がライバルを出し抜き、意中をゲットするためにルックスを磨くのも似たようなもんですね。

考え続ける。こんな大切な事は無いです。だれかが言ってたような気もします…。

それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。